ユース(後継者設定)サカつく攻略(PS3/Vita)

ユース選手の育成と後継者設定

A
ユースに能力の高い選手が入る確率を上げる。
B
後継者設定が可能な能力の高い選手を集め、未来のコーチ、未来の監督の特徴を付ける。

サカつく(PS3/Vita)では、「ユース+後継者設定」を使った育成が非常に効果的です。 選手の能力が限界を超えて成長します。 なので、ユースの育成で最も重要な事は、上のABとなります。 そして、以下のCDの条件を満たしている選手が、後継者に設定できる選手となります

C
年齢が30歳以上。
D
自クラブで50試合以上の試合出場経験がある。

後継者設定が成功すると、3種類の限界値継承と保持スキルの継承が行われます。 成否の判定は3ヶ月ごとに行われ、最初は能力の限界値継承、次に保持スキルの継承といった流れで進行していきます。

継承の成否の確率は、ユース選手と後継者設定した選手の、初期ポリシーが近いほど成功しやすくなります。 成功した場合にどの能力の限界値が継承されるかは、完全に運です。

E
未来のコーチ(特徴)
F
未来の監督(特徴)
G
継承訓練の特別指導力(コーチアビリティ・監督固有アビリティ)

限界値の継承数は、EFの特徴とGのアビリティで増やす事ができます。 これを最大限に活用する事で、選手が限界を超えて成長します。 特徴の習得方法は「個性強化コース」を参考にして下さい。

後継者設定に最適なベテラン選手

後継者設定の効果を最大限に活かすには、後継者設定する30歳以上のベテラン選手が重要になります。 なので、能力が極めて高い選手を、後継者設定のためだけに育成する必要があります。

  1. ルーニー
  2. ジェラード
  3. ランパード
  4. カカ
  5. ロナウド
  6. リオ・ファーディナンド
  7. ダビド・ルイス
  8. セルヒオ・ラモス
  9. ピケ
  10. プジョル

上のAJがおすすめのベテラン選手です。 オフェンス系の限界値継承の場合はAE、ディフェンス系の限界値継承の場合はFJが候補となります。 その他のベテラン選手候補は「おすすめ選手」を参考にして下さい。 さらにポリシー位置も考えると、後継者設定の成功率が格段にアップします。

この選手に未来のコーチ、未来の監督の特徴を付ければ準備は完璧です。 ただし、それなりに根気のいる作業になります。

ユースに有力選手が入る確率を上げる

  1. ユース寮(クラブハウス施設
  2. 海外ユース寮(クラブハウス施設
  3. 有力ユースの探索能力(スカウトアビリティ・監督アビリティ)

ユースに有力選手が入る確率を上げるには、上のABクラブハウス施設が有効です。 スカウトの能力とアビリティ(C)、クラブランクも重要になります。 若手発掘も随時実行していけば、有力選手がユースに入る確率はさらに上がります。