選手を若返らせる方法サカつく攻略(PS3/Vita)

選手を若返らせる方法について

獲得したい選手の年齢が成長のピークを過ぎてる場合、その選手を一気に若返らせる裏技です。 ただし、どんな選手でも確実に成功する裏技ではありません。 また、コールドスリープが必要不可欠です。 なので、コールドスリープ枠が1枠でも不可能ではありませんが、できるだけ多い方が効率的です。 できれば、セーブ・ロードの時間を考えると、最低でも5~6枠は欲しいです。

条件と注意事項

  1. ゲーム開始時(1年目)に欧州リーグ、Jリーグのチームに所属している選手のみ可能。
  2. コールドスリープ枠に空きが必要。
  3. セーブデータ枠に空きが必要。
  4. 自チームの選手枠に海外枠を含めた余裕が必要。
  5. クラブランクが30位以上である。
  6. シーズン終了後、全チームに監督移籍できる状態である。

Aに関しては、河本鬼茂などの基本所属チームが決まっていない選手は不可能と考えて下さい。 所属チームが固定の実名選手ほど、成功率は高くなります。

パターンA・Bの違いについて

方法は2パターンあります。 パターンAはゲームのバグを利用するので、今後のアップデートで使えなくなる可能性があります。 ただし、若返る確率はBよりも高く、選手も未所属で獲得できる可能性があります。 パターンBは比較的簡単ですが、納得いく年齢で若返らない場合が多々あります。

パターンA

パターンAは、マンチェスターFCの香川、ルーニーを若返らせると仮定して説明します。 かなり複雑なので、必ず最後まで一読してから実行して下さい。

準備

「最初から始める」で海外枠の影響がないオランダのオリジナルチームを選択する。 適当に選手を8人選び、他の選手は自由契約にして下さい。 そして、6月4週まで進めてセーブして下さい。 このデータは、若返った選手を一旦保存する場所として使用します。

現在進行中のゲームデータをロードして、12月4週まで進めてセーブ。

1月4週後半まで進め、別の場所にセーブ。

02】のデータをロードして、全く関係のないチームに監督移籍する。 全く関係のないJリーグなどのチームに監督移籍して、1月1週まで進めてセーブして下さい。 この場合は川崎フロンターレに監督移籍しています。 以後はフロンターレと仮定して説明します。

04】のフロンターレの選手を適当に5人選び、コールドスリープにアップロード。

03】のデータをロードして、【05】の選手を全員ダウンロード。

03】のデータに上書きセーブ。

04】のデータをロードして、【05】とは別のフロンターレの選手を5人アップロード。

03】のデータをロードして、【08】の選手を全員ダウンロード。

03】のデータに上書きセーブ。

08】~【10】をもう一度繰り返し、【03】を計15人ダウンロードした状態にする。

02】のデータをロードして、全く関係のないチームに監督移籍する。 再度、全く関係のないJリーグなどのチームに監督移籍して、1月1週まで進めてセーブして下さい。 今回は名古屋グランパスに監督移籍しています。 以後はグランパスと仮定して説明します。

12】のグランパスの選手を適当に5人選び、コールドスリープにアップロード。

03】のデータをロードして、【13】の選手を全員ダウンロード。

03】のデータに上書きセーブ。

13】~【15】を繰り返し、【03】を計30人ダウンロードした状態にする。 30人はあくまでも目安です。 未所属選手が1人の状態になれば準備完了です。 【03】のデータは使い回しできるので、大切に保存しておきましょう。

若返らせる方法

02】のデータをロードして、マンチェスターFCに監督移籍。 マンチェスターFCに監督移籍したら、1月1週まで進めて下さい。 そして、【04】のデータに上書きセーブして下さい。 このデータは何度も利用します。

マンチェスターFCの選手を5人コールドスリープにアップロード。 マンチェスターFCから若返らせたい選手を5人選び、コールドスリープにアップロードして下さい。 この場合は香川、ルーニーを含めた5人をアップロードしています。

03】のデータをロードして、【18】の選手をダウンロード。 18】でアップロードした選手をダウンロードしながら、直接交渉でマンチェスターFCの選手状況を確認して下さい。 そして、別データにセーブして下さい。 この時点で若返りに成功した場合は、バグで何度もダウンロードできてしまうので、その選手は今後ダウンロードしないで下さい。 微妙な年齢で若返った場合は、再度その選手をダウンロードして下さい。

04】・【19】のデータを利用して、納得いく年齢に若返らせる。 04】と【19】のデータを利用して、納得いく年齢で若返るまでアップロードとダウンロードを繰り返して下さい。 失敗した場合は、再度【03】のデータをロードして、アップロードとダウンロードの順番を変えるなど、いろいろ試して下さい。 絶対に若返らない(再登場しない)場合もあります。

若返りに成功したら、【03】のデータを1月4週後半の状態で上書きセーブ。

翌月(2月1週)まで進める。

2月中に【21】の若返った選手を、直接交渉と秘密交渉で獲得する。

翌月(3月1週)まで進めて、【23】で獲得した選手を入団させる。

24】の選手をコールドスリープにアップロード。

01】のデータをロードして、【25】の選手をダウンロード。

6月4週の状態で上書きセーブ。

03】のデータを再利用すれば、他のチームの選手も同じ手順で若返らせる事ができます。 私の場合は、香川18歳、ルーニー21歳、スコールズ21歳、セスク18歳、ピケ20歳、ジャビアロンソ20歳、内田20歳、長友18歳、岡崎20歳、メッシ21歳、小笠原18歳、シュウウォーツァー20歳を一気に若返らせました。 パクチソンとナニは、何をしても再登場せず諦めました。

未所属で獲得する方法

このままだとコールドスリープ選手になってしまいます。 若返った選手を未所属で獲得したい場合は「未所属で選手を獲得する方法・資金稼ぎ」を参考にして下さい。

パターンB

パターンBは、シュツットガルトFCの岡崎、酒井高を若返らせると仮定して説明します。 パターンAよりも簡単です。 必ず最後まで一読してから実行して下さい。

若返らせる方法

岡崎、酒井高が他チームに所属しているか、スカウトの検索で確認する。 他チームに所属していた場合は、11月4週前半までに1年契約で獲得して下さい。 他のデータを利用して、コールドスリープのアップロード、ダウンロードで獲得してもかまいません。

12月4週まで進めてセーブ。

年末の契約交渉で岡崎、酒井高を解雇して、1月1週まで進めてセーブ。

02】のデータをロードして、年末の監督移籍でシュツットガルトFCに移籍する。 年末の監督移籍でシュツットガルトFCに移籍して下さい。 そして、1月1週まで進めてセーブして下さい。 このデータは何度も利用します。

シュツットガルトのFWとDFを優先して、コールドスリープに5人アップロード。

03】のデータをロードして、【05】の選手をダウンロード。 直接交渉でシュツットガルトの選手状況を確認しながら、【05】の選手をダウンロードして下さい。 若返りに成功した場合は、【03】に上書きセーブして下さい。 年齢が微妙、もしくは再登場しない場合は、【04】のデータをロードして、アップロードとダウンロードの順番を変えるなど、いろいろ試して下さい。 絶対に若返らない(再登場しない)場合もあります。

若返った選手を直接交渉と秘密交渉で獲得する。