ゲーム序盤を簡単に攻略する方法サカつく攻略(PS3/Vita)

ゲーム序盤を簡単に攻略する方法

Jリーグと仮定してやり方を説明します。 必ず最後まで一読してから実行して下さい。 また、欧州リーグの方がより簡単です。

準備編

サカつく(PS3/Vita)を最初から始めて、1年目の1月4週にセーブ。

再度「最初から始める」でオランダのオリジナルチームを選択して6月4週にセーブ。 適当に8人の選手を選んで下さい。 他の選手は自由契約にして下さい。 そして、6月4週まで進めてセーブして下さい。 このデータは選手を保存するのに何度も使用します。

再度「最初から始める」でイングランドのFCクイーンズを選択してスタート。 残り資金ができるだけ多くなるように、8人の選手と契約して下さい。 そして、6月1週まで進め、リストアップされている中で最も優秀なスカウトと契約後にセーブして下さい。

6~7月で成長のピークの選手を直接交渉・秘密交渉で獲得。 成長のピークについては「成長タイプ」を参考にして下さい。 FCクイーンズの場合、ルーニー、メッシ、クリスチアーノ・ロナウド、ネイマール、ヤヤ・トゥーレなどの最高クラスの選手も、秘密交渉と分割払いで獲得できる可能性があります。 最終的にJリーグで始める場合は、外国籍のFWを最低でも1人入れ、獲得する外国籍選手は3人以下にして下さい。 そして、川島、西川、長友、内田、香川、岩政、今野、槙野、栗原、柿谷などの、能力の高い日本人選手を獲得して下さい。 能力の高い選手については「おすすめ選手」を参考にして下さい。 また、ユース(後継者設定)を考え、成長のピークが28歳前後の選手を獲得しておくと効果的です。 獲得した選手はコールドスリープにアップロードして下さい。 コールドスリープが1枠しかなくても、【04】~【05】を繰り返せば十分対応可能です。

02】のデータをロードして、コールドスリープ選手をダウンロードして上書きセーブ。

03】のデータをロードして、【04】~【05】を繰り返す。 02】のデータにダウンロードした選手が、14人になるまで【04】~【05】を繰り返して下さい。 コールドスリープが1枠の場合は、少し面倒だと思います。

14人になったら【02】のデータを7月1週まで進め、選手が入団後にセーブ。

準備完了。

実践編

01】のデータをロードして、【02】の選手を全員ダウンロードする。 コールドスリープを利用して、【02】の選手全員を1月4週にダウンロードして下さい。 そして、2月まで進め全員入団させて下さい。 「1人ダウンロードしたらセーブ」を繰り返せば、コールドスリープが1枠でも可能です。 選手枠が足りないので、1年契約の選手を優先して自由契約にして下さい。

ダウンロードした選手3名を期限付き移籍(半年)させる。 ダウンロードした選手は、年俸を一切払わず何度も利用します。 なので、期限付き移籍で能力を上げていくと効果的です。 期限付き移籍については「期限付き移籍」を参考にして下さい。

リーグが開幕したら、特別練習スキルと能力を上げる。

10月1週までにダウンロード以外の選手を自由契約にする。 10月1週までにダウンロードした14名以外の選手を、移籍オファーを承諾、もしくは自由契約にして下さい。 契約が2年以上残っている選手は、残しても問題ありません。

10~11月でスカウトリストの未所属選手を8名獲得する。 10~11月でスカウトリストの未所属にいる、選手ランクの低い選手を2年契約で8名獲得して下さい。 これをしないと、選手枠が足りなくなりゲームオーバーになります。

12月4週に別データにセーブ。

年末まで進め、契約交渉でダウンロードした14名を全員解雇する。

2年目1月4週まで進め、【14】の選手をコールドスリープを利用して全員ダウンロードする。

以上の方法を毎年繰り返せば、選手の年俸が一切かかりません。 12月4週まで育成した選手が歳を取らずに、能力とスキルが成長します。

Jリーグの場合は、2年間でJ1とACCを簡単に制覇でき、最短の6年でワールドプレミアシップDivision1制覇も可能です。 欧州リーグの場合は、2年で欧州CSの制覇が可能です。

経営(資金)が安定したら「人事交渉・有効な選択肢」と「選手の年俸を抑える方法」を参考に、コールドスリープ選手と長期契約して、ユースの後継者に設定すると効果的です。