サカつく攻略(PS3/Vita) 戦術について

フォーメーション、ポジションエディット、戦術設定などの、サカつく(PS3/Vita)の「戦術」に関する基本情報と要点を簡単にまとめました。

フォーメーションについて

フォーメーションは全部で8通りありますが、サカつく(PS3/Vita)ではチームカラーが重要なので、現在のチームカラーによってフォーメーションが決まります。 各フォーメーションの特徴は以下のようになりますが、ポジションエディットによる選手の配置場所によって、どのフォーメーションでも攻撃的にも守備的にもできると思います。

4-4-2

攻守のバランスに優れた最もオーソドックスなフォーメーションです。MFの配置場所により中央、サイドどちらの戦術にも対応できます。

3-5-2

MFが多く中央突破やプレッシング向きのフォーメーションです。DF3人はフラット状態が基本となりますが、DMの人数やSMの配置場所によって、5-3-2に近い守備的なフォーメーションにもできます。

3-4-3

最も攻撃的なフォーメーションです。サイドアタック、ポゼッション、プレッシングなどの戦術と相性がよいです。センターアタックの場合は、中盤のサイドが少し弱くなると思います。

4-3-3

速攻(カウンター)と相性のよいフォーメーションです。中盤の人数が少ないので最低でもダブルボランチにしないと、中盤の守備力が低下します。

3-6-1

MFの多さで中央突破、プレッシング、ポゼッションと相性のよいフォーメーションです。またOMに得点力の高いMFを配置しないと、攻撃力が低下します。

4-5-1

ポゼッションやプレッシング向きのフォーメーションで、パスを重視した戦術と相性がよいです。SMの配置場所やOMの人数によって、攻撃的なフォーメーションにもできます。

5-4-1

最も守備的なフォーメーションです。リトリート、カウンターとの相性がよく、守備的なチームで僅差で勝つ戦術などに向いています。

5-3-2

カウンター、リトリートと相性のよいフォーメーションですが、中盤の人数も少なく、チームカラーの発動を考えると少し使いにくいフォーメーションです。

ポジションエディットについて
ポジション例A サカつく攻略 (PS3/Vita)
ポジション例B サカつく攻略 (PS3/Vita)

上の画像『イメージA』は4-1-2-1-2(4-3-3)でチームカラー「1トップ2シャドー」+「センターアタック・MF」+「センターアタック・ALL」のLv.3コンボを発動させた例です。 しかしこの配置よりも、上の画像『イメージB』のように4-2-1-2-1(4-3-3)で同チームカラーを発動させた方が、得点力やポゼッションは格段にアップしました。
このように同じチームカラーやフォーメーションでも、ポジションエディットによる配置場所によって、チーム力が格段に上がる場合もあるので、選手の配置場所はいろいろ試してみるといいと思います。

戦術について

戦術の設定は「攻撃エリア」「攻守バランス」「攻撃スタイル」「守備スタイル」「守備ライン」の5項目を設定して、チームの戦術を決定していきます。 キーワードによる設定も可能ですが、チームカラーを考えると5項目全てを自分で設定することをおすすめします。
またチームカラーに関係のない項目も、フォーメーションや選手との相性などを考え設定することで、最も適した戦術がみつかると思います。

攻守バランス

攻撃と守備のどちらに重点を置くかが決まります。設定により攻守それぞれかける人数が変わります。

攻撃エリア

攻撃時に中央を重視して攻めるか、サイドを重視して攻めるかが決まります。

攻撃スタイル

攻撃時の攻めるスピードの設定です。ポゼッションでじっくり攻めるか、速攻で一気に攻めるかが決まります。

守備スタイル

守備時にリトリートでゴール前に人数をかけて守るか、プレスで積極的にボールを奪いに行くかが決まります。

DFライン

守備時にカバーで味方のフォローを重視するか、フラットでオフサイドを狙う事を重視するかが決まります。

試合指示について

試合中に指示を出すことで、自チームや敵チームの能力を一時的に変化させることができます。 試合指示は3種類セットすることが可能で、各指示によって効果時間や追加効果などが異なります。 また敵チームの戦術や現在実行している試合指示などによって、さらに追加効果が得られる場合もあります。
指示回数は「知将」の監督固有アビリティで5~6回に増え、効果時間は「情報コーディネーター」の監督固有アビリティでプラス10分増やすことが可能です。
各試合指示の詳細は、以下のページを参考にして下さい。

サカつく攻略(PS3/Vita)

チームカラー・戦術・試合指示

戦術について